管理人のプロフィール【父親編】

管理人が小学校の頃、
父親が
「将来は、おじいちゃんたちがやっていたような生活をしたい」
と言うので、何のこと?
と、思ったら、
戦前は極当たり前に行われていた、
有機農業をやって生活をしたいと考えていたようです。
管理人の実家の父親は、
農業改良普及員でした。
農家の長男なので、農業高校へ進み、
農業短大へ進学し、
農業改良普及員になりました。


農業改良普及員になった後、
当時の西ドイツで農業研修に2~3年ほど行き、
ヨーロッパの有機農業を学んできました。
しかし、日本ではその経験は全く生かされていなかったようでした。
父親たち普及員は、
農薬を使った農業を指導するように指示され、
一般的な農家へ
農薬を使った農業の普及に努めなければなりませんでした。
農薬を使ってできた作物は、
草取りなどの手間は省けますが、
農薬を使わないでできた作物に比べれば
当然、栄養価は低いのです。
有機野菜が普通だった時代の野菜に比べれば
農薬を使った野菜は美味しくありませんし、
病気に強くなるわけでもありません。
土もどんどん痩せていきました。
そして極めつけは、
空中散布です。
農薬をヘリコプターで撒くのです。
空中散布が行われる日の朝は
5時ころからヘリコプターが家のすぐ上を飛んで
うるさくて寝ていられませんでした。
また、空中散布が終わった後の通学路は
農薬のにおい強く、
学校に着いた頃は
頭がくらくらになっていました。
父たちの仕事が功をなして?か、
今では農薬を使う農業が当たり前になっています。
先日も実家に帰ったら
農薬のにおいが強烈に立ち込めていました。
しかし、父親はその現状が嫌だったようです。
有機農業を推進したいのだけど
農薬を使う農業を指導する立場にいた父は
退職後、細々と有機農業をしています。
シンプルライフランキングへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です